運転資金の融資を受けるには

会社設立を行うことですべてが順調にいくとは限りません。
不意のトラブルや世界情勢の変化など、大局が変化すれば個人の生活にも影響があらわれます。
個人が変わることは事業にとっても大きく変動をもたらすことが多く、窮地に立たされてしまう場面も少なくないでしょう。
そのようなときには安定した事業の運営を行うために、資金調達を行う必要があります。
事業の運転資金の融資を受ける際にはどの企業や機関を選ぶべきなのでしょうか。

運転資金の融資を受ける際には信用金庫から借り入れを行う方法があります。
信用金庫とは地域経済のための共同組織を主体とした金融機関であり、地域に根差した事業の場合、融資を受けることができる可能性も高まります。
近年銀行など金融機関では貸し渋りなどが話題になっていますが、信用金庫の場合は地域社会の繁栄が優先されることにより比較的融資へのハードルも低いです。
もちろん融資を受けることで金利は発生しますのであらかじめ注意しておく必要があります。

次にマル経融資を利用して借り入れを行う方法もあります。
マル経融資とは、各地方の商工会議所から推薦を受けることによって利用することができる融資になります。
商工会議所とは地域の総合的な経済団体でありながら、政治的かつ国際的な活動支援なども行っている組織です。
マル経融資の特徴として事業実績が必要であり、期間は1年以上となっています。
それ以外に大きな制約はなく、かなり低い金利かつ、無担保無保証で借り入れを行うことができます。

借り換え先としても人気があり、スタートアップ時には別の融資先から借り入れを行い、1年後にマル経融資へ切り替えることで金利負担を軽減することも可能です。
上限は2,000万円となっており、金利は約1.16%となっており変動金利となっています。
利用するためには商工会議所に加入する必要があり、年会費は約1万5千円となっています。
ランニングコストとしてもあまり高いものではないので、創業の段階で加入しておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA