気になる融資と税金未納について

融資を受けられるかどうかで今後の会社設立が大きく変わってきます。
自己資金に不安を感じる方であればぜひ融資を受けたいと考えるものです。
しかし融資を受ける前にチェックしておきたいのは税金の未納です。
会社設立の前に会社勤めや給与所得があった方であればあまり気にしなくてもよいこともかもしれませんが、実は融資と税金についてはよく見られるポイントになっています。
融資審査を受ける前に税金など調整できる部分について確認してみましょう。

まず税金の未納分があると金融機関または公庫からの融資を受けられる可能性が低下してしまいます。
前述の通り、給与所得があった方であれば天引きされているためあまり心配はないですが、個人事業主だった方であれば今一度チェックしてみましょう。
所得税をはじめとして、住民税や事業税、消費税などの未納が発覚した場合には評価が下がってしまい、審査が通ることが厳しくなってしまいます。
また公庫の融資を受ける場合には、支払った期日もチェックされてしまうので遅れることの無いように支払っていく必要があります。
また未納分や滞納している税金があれば全て支払いを終えてから審査を申込むよう調整することが肝心です。

税金の未納や滞納同様に審査の際にチェックされてしまう部分が、他の金融サービスやクレジットカードなどの返済の遅延または踏み倒しなどを行っているかどうかということです。
個人の信用情報については厳しくみられることがあります。
個人の信用情報に関してはあらかじめ確認しておき、審査面談の際に告げておくことで加点されるという報告があります。
このような場合審査が通っても減額されてしまうことはあらかじめ踏まえておきましょう。
銀行などの場合は審査が通らないということもありますので、融資の段階で個人情報を確認しておくと良いです。

また公共料金などの支払いも遅れないようにすることが大切です。
融資の審査の前には通帳の半年分はチェックされてしまいますので、日ごろから期日を守って支払いを済ませることが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA