会社設立時に銀行から融資を受ける

会社設立時などに資本や運用資金の融資を受けたいと考えたときにまず思いつくのが銀行ではないでしょうか。
銀行は全国各所に点在し、全国規模のメガバンクなどもあるため、日ごろとても利用しやすいことが特徴です。
金融機関としての銀行から事業の融資を受けるにはどのようにすべきなのでしょうか。

銀行から融資を受けるには相当高いハードルがあるといわれています。
それは以前から問題となっている貸し渋りがあり、大きな信用が無い事業の場合は融資を行わないことが多々あるからです。
しかしすべての方は融資を受けることができないかというと決してそうではありません。

まず融資希望する額を明確に定めるようにしましょう。
事業の継続に必要な額だけ融資を希望するという目的の明確化で融資を受けやすくなる可能性が高まります。

次に融資を受ける際に有利となる書類を事前に用意しておきましょう。
法人融資を依頼する際には、審査書類が必要となります。
この他に融資が必要な理由となるための証拠が必要です。
例えば資金繰りの悪化で今後の計画とは違うため融資が必要という場合、事業計画の書類が必要となるでしょう。
この他にも融資を受けることによってどのような利点があるのかを示すものが必要になります。

事業計画の書類や融資を受ける場合の計画、返済に対する経営方針などを記載したものを用意しておきましょう。
このような証拠付けと資金の用途を明確にしておくことが重要です。
融資する側もお金がどのように使われるかが一番知りたいポイントです。
これを踏まえておけば審査に対しても好材料が増え融資への期待ができます。

また場合に応じて担保や保証人を用意しておくことも融資を受ける際には必要です。
公的機関の融資制度とは異なり、銀行は金融機関のため利益を追求しなくてはなりません。
そのため融資したお金の返済が滞ってしまうことは不利益になってしまうのです。
担保に選ぶべきものは事業に関係がないものにすることです。
また保証人は信用力が高い方を選出すると良いでしょう。
これらのポイントを抑えることで銀行からの融資を受けやすくなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA