会社設立に日本政策金融公庫活用

会社設立の際に融資を検討する場合、より良い条件での借り入れを希望される方がほとんどです。
金利負担や経営面から見ても、負担が少ないほうが望ましく、今後としても有利に働く場面が多いことが挙げられます。
会社設立の際に有利な条件で融資を受けることができるのでしょうか。

それは日本政策金融公庫から融資を受けることです。
日本政策金融公庫の公庫融資は、一般的な金融機関と比べても貸し付け条件が優れています。
日本政策金融公庫とは財務省管轄の特殊会社である、政策金融機関となっています。
そのため一般的な融資よりも良い条件が提示されているのです。

まず金利が低いことが特徴です。
創業に関する融資制度の中でもかなり金利が低く設定されています。
金利が低いということは返済額も期間も短くなるだけではなく、借り入れする額を抑えることもできます。
余裕を持って計画を立てても返済が厳しくなるということも考えられます。
日本政策金融公庫には減額申請もあります。
返済に対しても柔軟に対応できることは大きなメリットになります。

次に融資の相談を受け付けていることもポイントです。
これは日本政策金融公庫が経営理念として掲げている方針によるもので現在の事業についてのアドバイスをもらうことが可能です。
融資を含めたアドバイスを貰うことができるということは会社設立の際にはとても助かります。

そして銀行などの金融機関で融資を断られてしまったとしても融資を受けられることがあります。
資本金が少なかったり事業計画などがやや信頼に欠ける場合、金融機関では融資を行わないことが多いです。
そのような会社であっても融資を受けられる可能性があり、法人化に踏み出すことができるでしょう。

メリットばかりではなくデメリットになる部分もあることも踏まえておきたいです。
それは融資を受けるための審査に時間がかかることです。
約1ヶ月近く審査に時間が必要なため急な融資を依頼することが難しいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA